債務整理にはどのような手段があるのか?

借金を返済することが厳しくなってしまった時に取るべき方法として債務整理があります。
一口に債務整理と言ってもその手段は一つだけではなく複数あります。

 

自分にあった方法で今の借金をいち早く返済できるといいですね。
一般的に債務整理の手段としてよく使われているのが「任意整理」「民事再生」「自己破産」です。
ではこの3つの債務整理の手続きについて簡単に説明していきましょう。

 

 

任意整理

 

任意整理というのは債権者と債務者の交渉によって借金額を減らし返済を楽にする方法です。
過払い金請求によって借金を減らしたり、利息をカットして期間を決めて元本だけを返済していく手続きです。
よく言われている過払い金請求というのは任意整理の中で行われる手続きの一つなのですが、
すでに借金を完済している場合は過払い金請求と言われています。
任意整理は借金を減らすことができる反面で手続きを開始したと同時に個人信用情報に記載されてしまう
いわゆるブラックリストとなり5年〜7年程度お金を借りることができないというデメリットもあります。

 

民事再生

 

民事再生は自己破産はしたくない、住宅を手放したくないという人が借金を大幅に減らす手続きです。
ケースによって様々ですが大体住宅ローン以外の借金を5分の1ほど減額させることができます。
デメリットとしては継続して収入がある人のみが対象となっているということと官報に掲載されたり、
個人信用情報にも記載されるので7年程度は借入ができなくなるという点です。

 

自己破産

 

自己破産は借金を0にしたい、返済をすることが不可能という人が行うことが多い手続きです。
デメリットとしては財産を手放さなければいけないということです。
また、もちろん7年程度はカードを作ることも借入をすることもできなくなります。

 

このように債務整理といってもいくつかの手段がありどの手続きが一番いいのかというのも
自分の置かれている状況や望む形によって変わってくるので専門家に相談しながら手続きを進めるのが
最も失敗の少ないやり方ではないかと思います。