借金を相続しない方法

誰かが死亡して、その人の資産や借金の相続人になるには、自由意志という選択肢があります。
それは「相続の承認」と「相続の放棄」という2つのどちらかを選択することです。

 

 

そして相続には、相続権のある人が無条件で承認していく「単純承認」という形と何らかの条件を付けて承認する「限定承認」があります。

 

一般的に緒kなわれているの相続の承認の仕方は、「単純承認」です。
被相続人が生前に持っていた権利や義務の全てを無制限で受け継いでいくことになります。
ですから資産だけでなくて借金の全ての支払い義務も引き継がなければならなくなるのです。

 

そうなってきますから相続人となった場合は、借金までも引き継いで払いたくはありませんよね。
資産が借金よりも多くあれば、引き継いだほうが良いのです。

 

でも相続人となったときに気を付けないといけないのは、本人が単純承認である全ての権利や義務を継承することになりかねないように気をつけなければならないのです。

 

単純承認として扱われる場合は、遺産のたとえ一部でも処分をしてしまう場合ですから注意しなければなりません。

 

さらに3ヶ月という期間が民法で決められている相続の承認・放棄ですから、何も申請をしないでいると自動的に相続の承認である単純承認という扱いになります。

 

ですから、借金の相続をしたくない場合には、相続開始を知ってから3カ月以内に「相続放棄申述書」を家庭裁判所に提出しなければなりません。