債務整理の種類とその効果および影響

借金で苦しんでいる人を救済する方法として債務整理がありますが、債務整理にはいくつかの方法があります。
それぞれに効果および影響が異なりますので、自分の借金の度合いと生活状態を鑑み、良く弁護士や行政書士などの法律に詳しい人間と相談して方法を決める事が大切です。

 

 

債務整理の中で一番耳にするのが自己破産です。
自己破産の場合には借金をすべて帳消しに出来るというメリットがありますがその一方、裁判所を介しての手続きになり官報や破産者リストに名前が掲載されてしまうこと、財産は生活に必要なものを除いてすべて没収されてしまうこと、また裁判所が任命する破産管財人の許可なく財産の移動などができないことなどがあります。

 

 

 

また、民事再生は基本的に住宅ローン以外の借金を幻覚する代わりに、住宅以外の財産を差し押さえられるという、特例的な方法です。

 

その人が働いており住宅ローン程度は毎月返済していけるといった場合に、この方法が適用されますが、民事再生も裁判所の手続きが必要になりますのでその後の財産に関する大幅な制約があります。

 

 

任意整理は債務整理の中では唯一裁判所が介在せず、債権者との交渉により借金を減額したり返済方法や返済期日を変更し返済を軽減する方法です。

 

過払い金請求と同時に行うことも多く、債務と過払いを相殺し借金が減額できることもあります。
またこの方法では官報などに名前が載ることもないため、借金が一定期間できなくなる以外は生活に大きく影響しない方法です。
このように債務整理には様々な方法がありますが、その選択によりその後の生活に影響するので、慎重に選択することが大切です。