任意整理をした場合の信用情報への影響

任意整理を行うと信用情報に影響が及びます。
任意整理をすることによって得ることができるメリットはもちろんたくさんあります。
返済額が減額される可能性も高いものですので、それを目当てに任意整理は行うものですよね。

 

ですが任意整理を行うことによって発生するデメリットもあります。
任意整理を行うと信用情報機関に、任意整理を行ったことに関する履歴が残ってしまうのです。

 

信用情報機関にその情報が残っている機関としては大体、5年間程度です。
5年間たつとその情報は消えますが、5年間の間はずっとその情報が乗っているということになります。

 

なのでその信用機関に任意整理の情報がのっているままの状態になっていますとそののっている5年間の間には、新しくまた借金をすることができなかったり、ローンを組むことができなかったり、クレジットカードを新しく作ることができなかったりというデメリットがあるのです。

 

借金をする、ローンを組む、クレジットカードを作るといったことの際には審査が必要となりますが、審査の際に信用情報が大きく影響してくるんです。