借金の時効について調べてみました

借金というのは返済できなくなっても一生背負うというものではなく、時効になる場合もあります。
貸金業者から借りた場合の借金の消滅時効は5年ですが、債務名義が作成されると時効は10年となります。

 

返済日が決まっていない借金の場合で、一度も返済していない場合には時効は契約日の翌日から数えて5年間になります。

 

1回以上返済した場合には、最後に返済した翌日から数えて5年で時効になります。
返済日を決めた契約で一度も返済をしなかった場合には、最初の返済予定日から数えて5年で時効になります。

 

返済日が決まっている契約で1回以上返済したことがある場合には、最後に返済した翌日から数えて5年になります。

 

ただ、途中で「いつ支払います」と約束した場合や少額でも返済した場合には、返済を約束した日から5年間で時効になります。
また、支払いが残っているというのを認知しているという事実が証明できれば、その行為の翌日から5年に時効が延長されます。
例えば内容証明郵便を送って、相手にはっきりと借金があることが伝えられた場合などには有効です。

 

このように借金には時効というものがあるのは確かなのですが、その時効を成立させるのは
並大抵のことではありません。

 

もし簡単に時効を迎えることができたとすれば多くの人が借金の返済義務から免れることにもなりますし、
自己破産をする必要もなくなってしまいますからね。

 

時効成立にチャレンジするのは個人の自由ですが、あまり現実的な考えとは言えないでしょう。