デメリットのない借金減額方法とは?

今抱えている借金を無理なく返済していくために借金を減額してほしいと思っている人は多いでしょう。
借金を減額する方法としては債務整理をするのが一般的です。

 

しかし、債務整理をすると最もデメリットが少ないと言われている任意整理だとしても
5年カードが作れなくなったり借入ができなくなってしまいます。

 

 

お金を貸した側からするとそれ以上の金銭的なデメリットを負っているので債務整理をした側が
それぐらいのデメリットを抱えるのは当然と言えば当然の話です。

 

 

ですが、借金を減らしたいという人の中にはローンは組めるようにしたい、
今持っている財産や持ち物はそのままで借金だけをどうにかしたい、
このように考えている人もいます。

 

 

このようにリスクなく借金を減らす唯一の方法は「返済する」ただこれだけです。
何もせずに借金が減るなんてことを一切考えずにとにかくもくもくと返済をすることです。

 

 

もし、借金を借りていた期間が長くいわゆる過払い金が発生しているような状況であれば、
さっさと借金を完済した後に過払い金請求をすればちょっとしたボーナスのようなお金が舞い込んできます。

 

 

返済中に過払い金請求をすればそれで借金が無くなるとしても手続きをした瞬間に信用情報に
記載されてしまうので任意整理と同じ扱いになります。

 

 

ですのでデメリットがない借金減額方法というのはしっかりとした返済計画を立てて真面目に返していくことになります。

 

 

リスクを負って借金を整理するのがいいか、リスクを負わずに完済を目指すのか、どちらがいいのかというのは
その人の考えによるところが大きいですが、ローンを組みたいから、カードを持っていたいからという理由で
到底支払うことができない借金生活を続けることは本末転倒といいますかただただ辛いのではないでしょうか?